ネットの誹謗中傷対策は削除よりも目に付きにくくさせることが有効

ネット上の削除は大変難しい

ネットにある書き込みや動画は、削除すればそれで終わると思っている人も多いはずです。しかしそれは逆効果になってしまい、かえってアンチに火をつけてしまい、拡散してしまうことがあります。その誹謗中傷が現時点ではお店の掲示板だけだったのに、それを削除してしまうことで他の掲示板やSNSに拡散されてしまうケースも多いです。不特定多数の人が閲覧できる掲示板に依頼することで、該当部分を取り除くことができますが、ここは削除よりも目立ちにくくさせることを検討する方が良策になります。

だからこそ目に付きにくくさせる対策を

興味を持った会社や人をネットの検索エンジンに掛けて、情報得る人が増えてきました。そこに誹謗中傷が載っていると、それだけで損失が出てしまうことは理解できるはずです。だからこそその情報を目立ちにくくさせることに、重点を置いたほうが効果的になります。削除をすればするほど拡散される可能性がありますので、それを目立ちにくくさせることを提案する誹謗中傷対策を行う専門の会社が多いです。目立ちにくくさせるには、専門的な知識が求められますので、個人で行うには限界があります。

逆SEOで目立ちにくくさせることが可能

本来であればSEOは、検索上位に上げるための対策になり、サテライトサイトなどを作りページにリンクを貼ることで、本サイトの評価を高めることができます。高めるには良質なページでなければいけません。それがSEO対策です。誹謗中傷を受けたページを目立ちにくくさせるには、このSEO対策の逆を行うことになります。このようなことは専門家にしかできないことです。専門的な知識と技術で、誹謗中傷を受けているページを検索上位から落としていきます。

2ちゃんねる削除のコミュニティがよくありますが、削除される前に見ることが出来たら周りの知らない情報が知れるかも知れません。基本的には中傷で消えてしまいます。