誹謗中傷を防ぐための3大対策を挙げていこう!

ネット上の規制を強化する!

ネット上での誹謗中傷を防ぐのは難しいですよね。では、ネット上の規制を強化してみるというのはどうでしょう。つまり、誹謗中傷のコメントをネット掲示板に書き込んだ場合、掲示板にその悪口が表示される前にサイトの管理者がチェックし、表示すべきではない表現だと判断した場合はブロックすればよいのです。そうすれば、誰かが誹謗中傷されて気分が落ち込むという心配はなくなりますよね!一つ課題があるとすれば、1日に行われる膨大な書き込みを管理人がチェックしきるのには時間を要するということですね。

ネット上への書き込みを会員のみに限定する!

ネット上へ特定の言葉を書き込むときには、その書き込みをするユーザーを会員に限定するという方法はありますね。個人情報をある程度提供することを資格要件とする会員であれば、人に対する悪口を書き込むという行為はためらわれるものです。悪口を書き込んでしまえば、書き込んだ人間がどこの誰なのかが管理者によってすぐにわかるからです。そのため、ネット上の掲示板に書き込むユーザーを制限することができれば、誹謗中傷による被害を受ける人の数は圧倒的に軽減されることでしょう。

弁護士に相談しよう!

自分に対する誹謗中傷が書き込まれた場合、その書き込みに実名が使われた場合は、弁護士に相談することで解決が見込めるかもしれませんよ。なぜなら、実名を使った誹謗中傷と言うのはれっきとした名誉棄損にあたります。そのため、書き込まれてしまった人は、裁判を起こして被告側に賠償請求をすることができるのです。実際には裁判を起こす動きをするだけで、加害者側はそれ以上の書き込みを恐れるのです。そのため、それだけで効果がありますよね!

インターネットをする時には誹謗中傷対策をすることが大切です。インターネット上には心ない発言をする人が多いからです。