あなたも既に行なっているかもしれないネット誹謗中傷!その痛ましい内容とは?

誹謗中傷について理解をしよう

誹謗中傷と言うのは、一つの言葉として扱われていますが、誹謗と中傷に分かれている言葉ですよ。どちらも似たような内容ですが、誹謗とは、相手の評価を著しく落とす言葉であり、中傷と言うのは根拠の無い悪口を言う言葉です。例えば、顔の形が悪い、あるスーパーの店員は店員としてなっていないは、誹謗にあたり、あるスーパーの商品には虫が入っていると言う言葉は、証明ができなければ中傷に当たりますよ。両方の言葉は、悪口と言う共通点を持ち合わせているため、誹謗中傷と言う言葉として扱われています。

誹謗中傷では無い境界線はどこにある

悪口の様に聞こえてしまう様な言葉は沢山ありますよね。例えば、プロ野球選手の選手の中には、成績が悪くて使えないと言う表現も使われる事がありますが、これは誹謗中傷に当たる訳では無く、成績が悪いためプロ野球選手としては使えないと言う事実があります。誹謗中傷の境界線は敢えて言えば、事実に基いているかと言う境界線であり、事実として証明できない内容による悪口は誹謗中傷と言えるでしょう。現在は、ストレス社会と言われ、悪口を書いて何かしらの鬱憤を晴らしたい思いを持ち易くなってしまうため注意が必要ですよ。

あなたももしかして誹謗中傷しているかも

芸能人に対する悪口と言うのは、様々な方がネットで書き込んでいる人もいますよね。証明できない様な内容も多くあり、誹謗中傷に当たる内容は数多くありますよ。芸能人の方は、誹謗中傷に対して芸能人だからいたしかなく、それを受け入れている方も多くいます。これは、あくまでも芸能人ですが、一般の方に対して同じ様な事を行ない訴えられたら負けてしまう可能性が高くありますよ。ごめんなさいで済む問題では無くなり、その事が原因で仕事を失う、会社が倒産する事になれば、大きな賠償を背負ってしまう可能性もあります。みんなで渡れば怖くないとは危険な考えであり、ネットではできるだけ悪口を記載するよりも、良い言葉を残す様に心掛ける事が大切と言えるでしょう。

逆SEOとは、インターネットの検索をしたときに、上位に表示させるテクニックです。誘導したいサイトのリンク数を増やすことで、上位に表示させるという手法を用います。